始めたばかりの「放置トレーダー」がはまりがちな罠! 指標は絶対無視するな


 FXに参加していると、どうしても放置してても勝手に儲かってしまうことへの強い憧れがあります。かといって、自動注文で儲けるのはハードルが高いし、ポジションを大きくどちらかに偏らせて売買を行うのも、なかなか簡単に出来ることではありません。そこで、数多くのプレイヤーが陥る道が、低レバレッジで放置しておくパターンです。究極的には、上がるか下がるかだけなので、下手にエントリーと決済を繰り返すよりも、よほど安全でラクだという考え方もできます。

 しかし、1つ伝えておきたいのは、指標の時間は把握しておこう、ということです。指標が与える影響すらカバーできるだけの低レバレッジでFXをプレイしている方なら関係ありませんが、大抵の人は通常数百pp動くのは勘弁してほしいのが実情ではないでしょうか。

 放置タイプのトレーダーを始め、FXになんとなく興味のある方とお話しする機会が良くあるのですが、皆さん恐ろしいほどに指標に対して無関心です。

 FXは経済指標で流れが決まる場合がほとんどです。数値を細かく把握しておけとは言わないので、せめて重要な指標の前にはいきなりポジション取りをしないようにするなど、注意することくらいは出来るはずです。

 例えば指標は、investing.comなどで細かく確認することが出来ます。ちなみにこのサイトは、FX以外に、世界中の先物や株価、商品の動向もリアルタイムで分かるのでオススメです。いくら放置が好きでも、ほんの少しの手間で、損や危険を少し避けることが出来るのなら、指標を知っておくことも悪くないのではないでしょうか。(執筆者:大島 正宏)