海外FXのメリットとデメリット レバレッジと出金がポイント


 iforexなどの海外FX業者を耳にしたことがある方も多いと思います。世間の海外FX業者に対するイメージは、とにかくハイリスクハイリターン、業者によっては出金されないこともあるという噂もあるなど、期待半分不安半分といったところでしょうか。でも、メリットとデメリットさえ抑えておけば、海外FX業者ほど使い勝手がいい存在もないのです。

海外FXのメリット

 メリットは、レバレッジを200倍〜600倍までかけられるのが当たり前という点です。これは、日本では上限が25倍であることを思えば夢のような話です。

 ただし、クレジットカードによる入金が主なため、現実的には一度に数万円〜数十万円でのエントリーが一般であり、このレベルの額で日本の証券会社と同じノリで数百倍のレバレッジをかけると、事と次第によっては一瞬で資金が蒸発するということもあり得るので注意が必要です。銀行を通した海外送金でも入金は可能ですが、手数料や反映日数のことを考えると面倒極まりないです。

海外FXのデメリット

 デメリットは、出金が些か面倒なことです。クレジットカードで入金した場合、出金額が入金額以下であれば(つまり勝っていなければ)、「クレジットカードの返金」という扱いで、翌月にクレジットカードに反映されます。

 ただし、出金額が入金額を超えた場合は(つまり勝っていれば)、超えた分を銀行に国際送金という扱いになります。当然これには、入金の際同様に安くはない手数料と反映日数を要します。さらに出金の際は、pdfを印刷した上で、手書きでサインと出金額、出金先の銀行口座など、必要事項を明記したものをスキャンし、画像ファイルで業者に送信という、煩雑なステップを踏む必要があります。

 まとめると、「高レバレッジで楽しみたい」かつ「出金がいつになってもいい」と言い切れる時は、海外FXは非常に有効です。しかし、日本のFX業者のような即日出金サービスは100%期待出来ませんし、25倍以下のレバレッジで楽しむならば、海外FX業者を敢えて選ぶメリットは全くないということです。(執筆者:大島 正宏)