外為オンラインのiサイクル注文 M2Jから差し止めで訴えられる


 既にご存知の方も多いと思いますが、マネースクエアジャパンが次のような内容の発表をして外為オンラインの特許権侵害に関する差し止め請求を行ったことを明らかにしています。詳細を抜粋しますと以下のとおりです。

2015年2月19日、株式会社マネースクウェアHDが株式会社外為オンラインに対して、東京地方裁判所に訴えを提起いたしました。

(1)本訴訟に至った経緯及び概要
今般、当社は外為オンラインが2014年10月にサービス提供を開始した「サイクル注文」及び「iサイクル注文」が、当社の保有する特許権(特許第5525082号及び特許第5650776号)を侵害していると考え、その差止めを求める訴えを提起いたしました。

(2)訴訟の提起日及び裁判所
訴訟の提起日:2015年2月19日
訴訟を提起した裁判所:東京地方裁判所

(3)本訴訟の相手方
株式会社外為オンライン(東京都千代田区 代表取締役:古作篤)

(4)本訴訟の内容
外為オンラインに対する主な請求内容は、以下の通りです。
・当社特許権に基づく「サイクル注文」及び「iサイクル注文」のサービス提供停止

(5)今後の見通し
本 訴訟の進捗に応じて必要な開示情報が発生した場合には、速やかに開示いたします。尚、本訴訟が当社の連結業績に及ぼす影響は現時点では軽微であると考えま す。当社は、知的財産権を重要な経営資源の一つであると考え、平素よりその権利の取得及びその適正な活用を図っております。

引き続き、当社は、保有する知的財産権を侵害すると考えられる類似サービス・プログラムに対しては、一切の法的措置を含め、断固たる対応を採っていく所存です。

 と言うことで、外為オンラインのiサイクル注文も特許を出願していますから、売買方法というよりは具体的な設定のアルゴリズムのあり方といった詳細で特許を侵害している部分があるのではないかと言われ始めています。ちなみに今回アイネット証券のフープイフダンは訴訟の対象になっていませんので、やはり売買の仕組みというよりは
特許で設定している内容で抵触するところがあるのかもしれません。

差し止めになったら利用者はどうなるの?

 利用者にとってもっとも気になるのは、こうした請求が認められて差し止めになった場合に、ポジションをもっていたらどうするのか? ということでしょう。

 おそらく新規のポジションを作ることができなくなるだけで済むのだと思いますが、強制終了をかけられてしまいますと、かなりダメージが出る可能性はありますね。

 1月のスイスフランショックの時にもアルパリはとっとと強制終了をかけて会社をたたみましたから、このあたりのイニシアチブは完全に業者側にあるところがなんとも気になる部分ではあります。ループイフダンの各社サービスご紹介の時にも触れましたが、このiサイクル注文はFXブロードネットのトラッキングトレードにも供与されているシステムなので外為オンラインがとめられれば自動的にこちらもダメになりそうな気配です。今後の動きに注目したいところです。(執筆者:坂本 博)