ヘッジファンドマネージャーや大手銀行のトレーダーが取り入れている瞑想とは?


 FXにはアストロのアノマリーがでたりして、単なる金融市場の売買を超えたような話が飛び交うことが多いのがひとつの特徴となっていますが、そんな中でヘッジファンドや大手銀行が瞑想を取引するトレーダーに取り入れていることが話題になっています。

 FRB前議長のバーナンキや現ECB総裁のドラギがゴールドマンサックスの出身であることはよく知られていますが、このゴールドマンサックス社では、瞑想のインストラクターであるElizabeth Sudler氏を雇い、自社内のトレーダーや従業員に広範に瞑想を教えています。また多くのヘッジファンドもこの瞑想をトレーダーに教えているようで、世界最大のヘッジファンドのRAY DALIOでも当たり前のように取り入れられているとのことです。

数々の効能をもつ瞑想

 この瞑想には次のような効能があるとされています。

・精神的健康を増進させる。
・精神的退化を防ぐ
・脳の物理的構造をより良好な方向に変えてくれる
・ほぼ8週間ほどで脳を変化させ、意識レベルを格段に工場させる。
・脳のアルファ波を活発にする
・ネガティブな感情を減らし幸福感を増やす

 というような内容でこれを額面どおりに理解すればかなり言いこと尽くめということになりそうです。

 これで具体的な瞑想のやり方の話になるとかなりFXからずれることになりますので、ご興味のある方は各自その方法について調べてみていただければと思いますが、ひとつだけ言えるのは、負けが込んできたようなときにそのままトレードを続けても仕方なく、一旦こうしたリセット機能を働かせることができれば確かにかなり効果があるであろうということです。

 瞑想は快適な環境で行うことが重要だそうで、しかもそれに適した音を準備することが重要だそうです。さすがに瞑想のために山奥まではいけませんがネットではこんな瞑想に使えそうな音を聴くことでできます。

鳥の鳴き声 https://www.youtube.com/watch?v=-R-TTlRewBE

せせらぎ  https://www.youtube.com/watch?v=2kD67WI303I

 これだけでも結構癒されてリフレッシュできるかもしれませんね。(執筆者:坂本 博)