FXデイトレーダーのハードな1日 7時半~深夜2時までの長い拘束時間


 以前にもお話しましたが、デイトレーダーの1日は想像しているよりタフです。もっと言えば、FXのデイトレーダーは、株のデイトレーダーとは拘束時間や活動時間が全く異なります。

 ここからはデイトレーダーをFXトレーダーとしてお話します。私の経験を踏まえると、朝は日本市場の始まる7時半には目覚めている必要があります(本当はオセアニア市場の始まる6時に起きるのがベストですが、週明けの月曜日以外は動きが活発でないので問題ありません) 。

 9時と同時に株式市場がオープンすると緩んだ流れが一気に引き締まり、ここから昼休みに入る11時半までは、日中一番の儲けどころです。特に下一桁が5や0のつく日は俗に言うゴトー日で、銀行の仲値が決まる前後は一波乱起きるので要注意です。昼過ぎからは14時くらいまで小康が続きますが、株式市場が終了する15時間際になると、ポジション決済しようとする本邦機関の思惑が錯綜し、それまでの値動きを打ち消したり後押しするような荒い動きがしばしば出ます。

 株のデイトレーダーはここで1日が終わりますが、FXはそうも行きません。15時から17時までは日本市場の流れが否定される、俗に言う「欧州タイム」に突入するので、当然市場は監視していなければいけません。17時から20時くらいが起きている時間帯で最も動きのない時間でしょうか。

 20時からは22時半のニューヨーク市場オープンに向けて市場がまた慌ただしくなってきます。大体この辺りの時間になると、ダウの先物が今日のニューヨーク市場の流れを方向付けているパターンが多いので、先物の動きを見ながらエントリーします。

 例えば、これまで売りポジションを持っていた場合、ここから更に下がりそうなら売り増し、反転しかけているならドテン買いといった風にです。21時半から23時にかけては大抵アメリカの指標ラッシュなので、巻き込まれないように事前にチェックしておきましょう。ここから2時までが、デイトレーダーにとってもっとも稼げる時間帯です

 午前2時には大抵一相場終わっており、市場も閑散としてきますが、4時頃からは寝ている日本人を狙い撃ちしたロスカットを連鎖させる「仕掛け」が行われる時間帯なので、余裕があれば断続的にチェックしておいたほうがいいかも知れません。

 このようにしてデイトレーダーの1日が終わります。平均睡眠時間は5〜6時間といったところでしょうか。張り付こうと思うと想像以上にハードですし、割りに合わないですが、上記で挙げた動きの激しい時間帯だけを狙って利益を出しているトレーダーも勿論います。

 いずれにせよ、「チャンスは良くも悪くも無限大にある(いくらでもエントリー出来るし、いくらでも次のチャンスが来る)」ということを肝に銘じて臨むことがFXでは肝要です。(執筆者:大島 正宏)