私のFX初取引 金曜夜発注、月曜朝見たらプラス2万円超え


 皆さんは最初の取引に利益が出たか、損益が出たか覚えているでしょうか?

 私はよく覚えています。最初はFXする気がなく、口座開設すると1万円貰えるキャンペーン目当てで口座を作りました。なぜやり始めたかというと、ネットサーフィンをしていた所、FXでぼろ儲けみたいなブログを見て、単純に儲かるのならやってみるかと胆略な理由です。

 最初に私は、5万円を入金し1000通貨だけオジ円のポジションを取りました。ポジションを撮った瞬間マイナス40円とか出て、「手数料高っ」ってのが最初の印象でした。その後徐々にマイナスが減っていき赤文字が消えて、プラス10円になりました。プラスになった瞬間私は決済し10円儲かりました。「簡単じゃないか」と10円儲けた事に大喜びしました。

 そして、金曜日でしたので飲んでいた酒の勢いもあり、調子に乗ってユロ円を1万通貨ポジションを持ちそのまま寝てしまいました。翌朝見てみるとプラス2000円とかになっており、決済しようと思いましたが土曜日のために決済できず、本当に月曜日が来るのが楽しみでした。

 月曜日の朝7時半頃に見てみるとそのポジションが何とプラス22000円ぐらいになっていました!俗にいう「窓」が開いており即決済しました。こんな簡単に2万円以上も儲かるのだとFXの楽しさに気付きました。しかし、残念ながらビギナーズラックが続くわけがなく、最初に入金した5万円が2万4000円ぐらいに減るまで時間を要しませんでした

 最初の取引って印象に残りますよね、「悔しい」、「ラッキー」、「簡単」など様々あると思いますが、取引履歴を見直してその時の感情を思い出すのも取引のヒントになるかもしれませんね。(執筆者:登 泰平)