FXの確定申告を徹底解説 申告が必要な人から損益通算、経費として認められるものまで


 いよいよ確定申告の時期が近づいてきました。今回はこのFXの税金についてかなり単刀直入にお話しておくことにいたします。

FXは雑所得

 国内の業者で行っているFX取引は基本的に雑所得となります。たとえば講演を行った謝礼や電子書籍の利益、アフィリエイトで稼げたお金などはみなこの雑所得となります。この雑所得の最大のメリットは申告分離課税、つまり給与所得や不動産所得が1億あろうが200万であろうがまったくそれとは関係なく一定の税率(20%+復興特別所得税0.315%)を支払えばそれで済むということです。

雑所得の合計が20万以下は申告の必要なし

 この雑所得に関しては税務署のお目こぼしがあります。年間雑所得全体として20万円以下であれば申告の必要はないのです。ただしここで重要なのは雑所得トータルとして20万円以下であることです。FXが3万円の利益でもアフィリエイトが40万円あるとなれば申告が必要になります。

FXはCFDや商品先物との損益通算が可能

 これは金融商品の中では唯一FXとCFD関連に与えられたインセンティブですが、FXは他の先物商品の損失と損益通算ができるのです。もちろん損失があればの話ですが、株式などは何も他の金融商品との損益通算は出来ませんからこれはかなりお得です。

FXは損失の繰越控除が3年間可能

 FXについては店頭FXでも取引所FXでも別々の口座で運用した年間の損益をまず通算が可能となります。個別の収支を足してみて損失がでた場合はそれを確定申告時に記載しておけば3年間は損失の繰越ができるのです。

 これは給与所得との損益通算といった調子のいい話ではありませんが、初年度500万損失がでてもこれを申告さえしておけば次年度に700万利益がでてもそこから500万差し引くことが可能になるのです。

 残念ながら次年度も100万しか儲からなかった場合にはさらに600万円は翌年以降に繰越が可能となります。つまり損失は翌年以降の利益と損益通算できる仕組みなのです。

海外FXを使った場合以上の項目の一切が利用できないので要注意

 FXでFSA(金融庁)から目の仇にされているが国内に事業法人をもたない海外FXです。海外FX業者での利益は申告分離課税ではなく総合課税として給与所得と合算されることになります。但し損失はいくら出しても損益通算は出来ませんのでこちらも注意が必要となります。

経費として認められるもの

 ほぼ専業のようにトレードをしてネットでFX売買を行っている場合には取り引きデバイスの購入費用は経費になります。スマホが経費に入るかどうかは微妙ですが、タブレットPCや通常のPCなど10万円程度のものは確定申告時に経費処理してもほとんど認められます。まえ液晶モニターを増設しても認められました。

 また面白いのはFXCMやセントラル短資FXのウルトラFXのようにNDD方式で取引手数料を外出しにして売買しているものの場合にはこの取引手数料を経費処理ができるのです。通常のスプレッドにマークアップされているものは経費が認められませんが業者の手数料だけ外出しになっている場合は経費処理OKです。

 それ以外書籍の購入やセミナーへの参加交通費なども参入可能ですが、全体から見れば微々たるものですので、大勢の影響は与えません。

 以上、実際に私自身がこの流れで毎年確定申告して実証済みですので、内容に間違いはありません。今年の確定申告で試してみてはいかがでしょうか?(執筆者:坂本 博)

【みんなのFX】業界最高水準のスプレッド!