悪用厳禁? 海外業者を活用してFXでボロ儲けする裏ワザ


 日本は現在、証拠金規制からレバレッジの上限が25倍までと規定されています。しかし過去には50倍、200倍だった時代もありました。ところが海外では証拠金規制が緩く、レバレッジを400倍、600倍と賭けられる業者が多数存在します。

 もちろん高レバレッジを選択した場合、予測が外れれば一瞬で資金は消えてしまいますが、当たれば日本の証券会社では考えられないような巨額の富が転がり込んでくるのもまた事実。インターネットでFX長者となった人達も、このような海外業者を使って資金を短期間で倍増させたケースが多くみられます。

 実はこの海外業者を利用した必勝法があるのです。

 複数の海外業者に登録。ある程度の資金をクレジットカードなどで入金しておき、雇用統計やISM、FOMCといったビッグイベントを待ちます。イベント直前になったら、口座の片方は買いポジションに、もう片方は売りポジションを選択します。どちらにも限度額までレバレッジを賭け、リミットだけをセットしておきます。あとは待つだけです。

 このようなビッグイベントは当たれば数十ppといった大きな値幅が獲れますが、結果がどうなるかは分からないので一種のギャンブルです。しかし、この場合は両方のポジションを構築しているので、どちらかには証拠金に対して数倍のリターンが、もう片方は証拠金がゼロになるだけです。

 日本の証券会社同様に、大きく外しても借金を背負うシステムでは無く、証拠金がゼロになった時点で強制決済されるだけなので、ノーリスクハイリターンが見込めます。いわば必勝法ですが、意外と知られていません。ちなみにこのような数百倍のレバレッジが賭けられる海外証券会社を利用して、為替介入が何度もあった時代には、1万を1日で100万にした猛者も多数存在するようです。(執筆者:大島 正宏)