FXの確定申告制度を逆に利用しろ!


 FXって予想以上の利益や損が出てしまいますよね。それに絡んで税金の問題も発生します。今は折しも確定申告の時期。一体税金をどうやって納めればいいのか、と悩んでいる人は多いと思います。でもポイントを1つ抑えておけば、FXの税金問題は簡単に解決できてしまうんです。それは儲けや損の額がいくらでも、税金を払う意志があるのなら必ず国税庁へ申告すべきだという点です。

「3年間の損益通算ルール」で節税を

 確かに、サラリーマンなら年間収支合計が20万円以下、それ以外の職業なら38万円以下は申告不要という制度があります。しかし、毎年この範囲を利益が超えない絶対の自信を持っている方ならば問題ありませんが、時には年間収支がマイナスや大幅なプラスになる時だってありますよね。前年にマイナス100万円で、今年100万円の利益を出した場合のことを考えてみてください。

 プラスマイナスはゼロなのに、税金は今年の100万円に対して20.315%課税されます。これを回避するためには、マイナス100万円の前年も確定申告しておけばよかったのです。そうです、マイナスでも確定申告は出来るんです。当然マイナスなので税金はかかりません。翌年も3年間は損益通算出来る」というルールがあるので、確定申告しても税金はチャラです。

FXの確定申告制度を逆に利用する方法も

 とはいえ、この他にも税金を回避する方法は、少し頭を使えば幾らでも思いつきます。税金は、「必ずポジション決済して得た20万円(38万円)以上の利益にかかってくる」ということを覚えておいて下さい。

 含み益が出ている状態で買い増ししても税金は一切かかりませんし、逆に何らかのポジションを決済して50万円の利益が出ていても、30万円以上の含み損ポジションを新たに作って年内に一度損切りしてしまえば、年間収支は20万扱いになるのです。決済したら、即損切り値でエントリーして翌年に持ち越してしまえばいいのです。

 この考えは、利益が22万円という半端な数字になってしまった場合にも応用できますね。22万円にかかってくる20%の税金は4万円ですから、それならば無理やり20万円以下にして無税扱いにしてしまった方が得策です。また有料セミナーに「参加」して、がんがん経費(損失)扱いにしてしまう裏ワザもあります。というわけで、みなさんどんどん損失を確定申告していきましょう。

 あまりグレーゾーンを語ると問題になるので、これ以上多くをここでは語れませんが、基本的に確定申告はするという前提で、いかに税金を回避するか、ということを考えていくのが良いでしょう。(執筆者:大島 正宏)