ループイフダン大流行~どのFX業者 のサービスが秀逸か…


 話題は大きかったもののどうもいまひとつ利益がしっかり見えてこないシストレの自動売買とは裏腹に人気を集めているのがループイフダン系のサービスです。

 厳密にいうとループイフダンはアイネット証券の登録商標なので個別にそれぞれ名称がついているのが実情ですが、イフダンに値幅と相場の方向性だけをトレーダーが初期設定してあげると、あとは自動で刈り取りをしてくれるという、非常にわかりやすい内容のサービスがこれにあたります。

 ある意味でシストレ自動売買のアンチテーゼのような形で受けているのかもしれませんが、とにかく様々なサービスがでてきていますのでざっとご紹介していくことにいたしましょう。

様々なループイフダン系のサービス

M2J トラップリピートイフダン(トラリピ)

 このイフダンを何度も繰り返していくという点で先駆的にオペレーションモデルに仕立てたのがM2Jのトラリピということになります。通常のイフダンを一定の幅を設定していくつも仕掛けることができるのがこの仕組みの面白いところで、シストレではありませんが半自動トレードとして特許も取得しています。

 基本的に買いか売りかを決めて値幅もユーザーが設定できますが方向を間違えるとまったくかすらないということになります。また売り、買いを繰り返すことは出来ないのが弱点となります。

M2J(マネースクウェア・ジャパン)で口座開設する↓

アイネット証券ループイフダン

 この名称を正式に登録商標として所有しているのがISホールディングスのグループ企業であるアイネット証券です。中身はきわめてトラリピと似ているものですが、手数料が無料で利用コストがスプレッド以外かからないのが最大のポイントです

ひまわり証券ループイフダン

 ひまわり証券はISグループ企業であることからアイネットのサービスをOEMで供給してもらい顧客に提供しています。内容は全く同じもので一方向に設定されたループ方式のイフダンですが、同じものながら投資助言料をとられるのがこちらでコストは高くつきます。

YJFX! リピトレ

 YJFX!が独自に特許を取得して顧客に提供しているのがリピトレです。この仕組みも独自に特許を取得したようで、M2Jのトラリピと違うのは買いも売りも両方に対応しているとレール形のイフダンで、往復で取れる可能性があるのと、複数の仕掛けは出来ないのでひとずつ刈り取りをしていくところが異なります。

 こちらもトラリピを意識して開発された商品で値幅、取引数量、最大ポジション数などの設定を自動計算して最適化してくれるところが大きなポイントです。iサイクル注文はレンジの上下限を自動計算して追随し、サイクル注文はユーザーが独自に設定できるものとなっています。

FXブロードネット トラッキングトレード

 こちらは外為オンラインからのOEMで名前が違うだけで中身は全く同じです。

インヴァスト証券 トライオート

 ミラートレーダーのシストレにも力を入れているインヴァスト証券が提供するのがトライオートです。トライオートにはマニュアル注文、オートパイロット注文、仕掛け注文などが設定でき、相場状況にあわせて、相場が上昇するか下降するかをユーザーが設定し、様々な刈り取り方法を続けてセットすると半自動で刈り取りをしてくれるというもので、仕組みとしてはもっとも複雑な設定が可能となっています。

JNB 連続イフダン

 ジャパンネット銀行が提供する連続イフダンは通常のイフダンを9つ設定可能で、マニュアルで9つ設定も可能ですし、機械に任せて繰り返し設定も可能です。こちらは基本的に通常のイフダンの延長線上なので費用がかからないのが嬉しい特徴となります。

問題はコスト 逆ザヤにも

 この繰り返し方式のイフダンなら、初心者でも理解しやすく設定も簡単なのですが、問題はそのコストとなります。

 現在情報を開示しているのはこの4社だけになりますので恐縮ですが、数字はスプレッドと取引手数料でカッコ内はスプレッドとなります。(1万通貨あたり)JNBは既に記載したとおりスプレッド以外かかりませんがループイフダン系のプログラムを提供しているところはアイネット証券以外はすべて取引手数料を徴収しています

 一般的には投資助言料という名称になっていますが、これで助言か? という素朴な疑問はさておき、かなり馬鹿にならない金額となるのです。したがってあまり狭い設定でスキャルピングのような売買をしますと逆ザヤになりかねないという問題があります。それでもM2Jでは全顧客の7割近くがこの仕組みを利用しているそうですから、それなりに儲けはでるものなのかも知れません。

 果たしてこれは利用すべきなのかスルーするか? まずはバーチャルトレードを利用しみますとその中身をさらに理解することができます。(執筆者:坂本 博)

M2J(マネースクウェア・ジャパン)で口座開設する↓