FXで勝つ人と負ける人は何が違うのか?


 FXで勝てる人、負ける人について書きたいと思います。

 私は、よく人のFXの結果やデータを載せているブログを拝見させてもらうのですが、勝っている人にはひとつの特徴があります。

 それは、自分のルールを必ず守っているという事です。

 最近見たものでは、週末には絶対に持ち越さないという自分のルールを持っている方がいました。その方のブログの土曜日の書き込みをざっと見ますと、どれだけ損失を出していようが、どれだけ利益を出していようが、土曜日の深夜2時ごろには必ずポジションを決済している事がわかりました。

 この方は、昔週末に急激な変動が起きて非常に痛い目にあったのでそのようなルールを作ったという事を書いていました。要するに痛い目を見たので、それをもう一度繰り返さないために週またぎのポジションは持たないという結論にたどり着いたのでしょう。

 この方のルールが合っているか間違っているか分かりませんが、経験則に基づくルールというのは、なかなか信頼に値するルールだと思います。これは一例ですが、勝っている人は、必ずどこまで利益が出たら利益確定する、どこまで損失を出せば損切りをするなど完全に感情を含めずに機械的にルールを決めているようです。

 逆に私のように、ルールを決めずに、もっと上がるだろう、まだ大丈夫など感情的な取引をしているのが負ける原因なのではないかと最近感じています。