フラクタル構造を意識して見る、今回のアメリカ雇用統計

今回のアメリカ雇用統計は失業率こそ予想を下回りましたが、ボチボチいい結果だったように思います。その後のISM製造業景況指数もまずまずの結果でしたね。これらの結果を受けてドルは買い戻されて、ドル円も上昇を見せました。

しかし、直近の上値112.60円を抜けないまま買いが一巡し、最終的には下げトレンドとなります。逆に直近の下値112円を割り込んで、ほぼ安値引けの形で週末を迎えることとなりました。

これは今回のアメリカ雇用統計を終えての1時間足なんですが、どこか見たことあるような形だなあと思いませんか? 大きな下落があってから、上に38.2%戻してから揉み合いになって、だんだん頭が重たくなっていく形。これ、ドル円の日足とめちゃくちゃ似た形なんですよね。

こちらが日足です。時間やレートを消してチャートの形だけを見たりすると、どっちがどっちか分からなくなっちゃいそうですね。こういった大きな全体と同じ形が細かいところでも出てくる、というのがフラクタル構造と呼ばれるものです。雪の結晶やリアス式海岸など、自然界でもよく見られる現象なんですが、チャートにもよく見られるんです。

この現象に着目すると、日足の形を意識して「強いトレンドが出たら38.2%戻してから、頭をジリジリ下げる揉み合いになるかも!」ということを、あらかじめイメージすることができます。このイメージを持っていれば、先週のイエレン発言による下落後の揉み合い、そして週末の大型指標後の取引も有利に進められたはずです。

ちなみにさらに5分足で見てみても、同じような形が発見できると思いますよ。今は急な動きが起こりやすい相場になってきています。今後もこれに似たようなパターンの動きが起こるかもしれないので、頭の片隅に入れておくといいかもしれませんね!(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

また始まったイエレン相場~日経とドル円だけ沈没する相場が再開

ダウ株価が絶好調なのにドル安円高、そして日経安……。邦人プレイヤーの頭を悩ませる相場がまた始まってしまいました。原因はイエレンFRB議長の「利上げペースは緩やかであるに越したことない」という鶴の一声です。

これによってドル円は一気に113.5から112.7へと一気に下げただけにとどまらず、明けた水曜日の市場では112円すら割らんとする勢いを見せています。

落下の開始位置、そして落ち方、ダウの上げ……これらすべてが2週間前のFOMCの完全再現のような状況であるだけに、市場からは思わず「またかよ」という落胆の声さえ聞こえてきそうです。

ただ前回の111円割れの動きが明らかに113~115円の長丁場レンジで溜まったロングポジションを狩る仕掛けのような様相を呈していた一方、今回はそこまで捕まったロングも溜まっておらず、むしろドルストレートも巻き込んだドル売りが主因となっていることからさすがに前回のような再現は起こらないでしょう。

ひとまず水曜日のADPがどのような形となるか、これによって金曜日の雇用統計の見方も変わってくるだけに、ドル円にとって水曜日は大きな分水嶺となりそうです。

とはいえ、株が上がっても下がってもこうして重みに引きづられて下落するドル円を見るにつけ、一体「2016年は130円」と息巻いていたアナリストは何だったのかと憤懣やる方ない思いにかられますね。最近はさすがに130円は現実離れしていると気づいたのかコッソリ122円へと下方修正したそうですが……。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

理系VS文系!FX10本勝負!

文系はFXで勝てない?

FXが強そうな人って理系のイメージがありませんか?製造業界もIT業界も理系が人気の昨今、私のような文系の肩身は狭いです。

しかし、FXは理系の人ばかりが勝利を収めるわけではありません。私は最近になって「情に厚い理系」の人が実在するというすごい発見をしました(笑)!

情に厚いのは良いのですが、ホットな感情が優先してしまうためFXトレードにおいては熱くなりやすい傾向もあるのです。

クールで自らを理性的にコントロールできそうなのに、そうではない人も居るのですね。

文系の意外な得意技、語学力で最新情報を入手

それでは、FXで使う資質について理系と文系で勝負をしていただきましょう。負けている分野でも、マスターしようと思えば難しくない内容ばかりです。ご自身の弱点を見直すのに使ってみてください。

1. 資金、損益など数字の管理:数字に強い理系は作業の速さで有利。ひとまず理系の勝ち。
2. 金融数学や自動売買プログラム利用:こちらも理系の勝ち。
3. ファンダメンタルズ分析:経済の知識、レポート読解力と数字の分析力、すべて必要なので引き分け。
4. テクニカル分析:多種多様なテクニカルがあるので、引き分け。
5. 海外情報のチェック:語学ができると有利なので文系の勝ち。

メンタルではどうでしょう?

技術的なものとは別に、心構えやメンタル管理も重要です。

6メンタルコントロール:過去検証によってだんだん鍛えられるメンタル、個人差があるので引き分け。
7投資哲学があるかどうか:どうやら哲学的な地盤があると、長期間では差が出るようです。一般的にみて文系の勝ち。
8忍耐力:自分の得意相場になるまで忍耐できるかどうかです。こちらも個人差あり。引き分け。
9機動力:得意相場が来たら、ちゅうちょなく参戦するフットワーク。こちらも引き分け。
10勉強量:強いトレーダーやメンターは読書量が多いとききます。これも引き分けですね。

【まとめ】

引き分けが多いのに自分で書いていて驚きました。勝ち負けも、お互いが勝ち2つずつと仲良しな結果になりました。トレーダーの腕は、必ずしも理系文系で決まるわけではなさそうです!ホッとしました。(執筆者:鈴木 マリア)

今週はいきなり雇用統計!ドル円にとっては勝負の週に

さすがにドル円は8連騰とはならず。ユーロドルなどドルストレートもまる1週間小幅ながら下げ続けていたことを考えれば、いったんの調整ムードも当然と言えるでしょう。

問題なのは参加プレイヤーがおらず値がスカスカなことで、動かないときは全く動かず、動き出すと一方通行で上にも下にも簡単に飛んでしまうことです

このところの上げは需給が一巡し、期末要因で輸出筋のドル売り円買いのターンから、これまで趨向を見極めていた輸入筋が一斉に動いたためと言われていますが、むしろそれよりも株高につられている側面の方が大きいでしょう。

筆者も相変わらず111円台をホールドしていますが、方向感の定まらない相場で下手に細かいトレードを続けると致命傷になりかねないので、冷静に火曜日以降の動きを見極めるつもりです

ただし、4月になるといきなり1日にNFP雇用統計が控えていることを受けて、前倒しで3月30日にADP民間雇用統計が発表されます(通常は翌月第1週の水曜日にADP、金曜日にNFP)。

したがって今週はその思惑と結果でかなりタイトな動きになることは予想がつきます。ADPの予想は19.5、本家雇用統計の予想は20.8となっていることから、米国経済の伸びがここ数ヶ月同様に順調なであれば、まずポジティブな形でクリアできるだろうと思われます。

しかし、仮に予想を下回ってしまった場合、徐々に市場に浸透しつつある「4月利上げ説」に水を差す結果となってしまうため、ドル円の動向を見極めるうえで今週の動きは相当に重要だと言えるでしょう。(執筆者:大島 正宏)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓

アメリカ4月利上げはどうなるの? イエレン発言に要注目!

先週のドル円はベルギーの同時テロで下落した局面もありましたが、1週間を通して上昇トレンドが続きましたね。16日のFOMC後にドカーンと下げたかと思うと、今度は上げ続けるという、上に下に忙しい展開が続いています。

1週間続いた上昇の根拠となっているのが、アメリカ利上げが4月行われる可能性。月曜にアトランタ地区連銀総裁のロックハートさんが、水曜にセントルイス地区連銀総裁ブラードさんが、それぞれ4月利上げの可能性を示唆しています。特にブラードさんは、今年のFOMCの投票権も持っているので気になるところです。

前回のFOMCで、次の利上げは早くても6月という見方が市場に広がっていたので、この見方が打ち消されて、ドル円が下げた理由がなくなってしまったというわけです。

火曜のテロではリスクオフの流れも出ましたが、この流れは変わりません。逆にこれで下げきれなかったことが、もう上がるしかないという相場の雰囲気を象徴するような格好になった気もします。

さて、今週もこのアメリカ利上げの行方に対する思惑がテーマになりそうです特に火曜にはFRB議長のイエレンさんの発言があるようなので、利上げについてどんなコメントが出るのか注目です。先週も利上げに関する発言で動いたところなので、利上げについて何を言うかによって雰囲気が変わりそうですよね。

金曜日にはアメリカ雇用統計もあります。今は4月の利上げがあるかどうかがテーマなので、これを左右しうるアメリカ雇用統計の結果は影響が大きそう。良好な結果で「やっぱり4月利上げだ!」という流れになったら、今の110円~115円レンジを上抜けする流れもあるかもしれません。

ここからは無責任予想(希望)ですが、なんだかんだ言って4月の利上げはないんじゃないかなと個人的には思っています。だって、4月FOMCってイエレンさんの会見ないので。勝手な思い込みかもしれないですが、利上げだけして会見なしっていうパターンはあまり想像できないので。

ということで、僕の希望する展開はこんな感じ。

4月に入って「4月利上げあるんじゃねーの!」という流れになって、4月26日のFOMCに向けてドル円上昇してレンジ上抜け。そして、いざFOMCを迎えて、結局は利上げなし。「やっぱり利上げなしか!」となって、ドル円絶好の売り場に! ……なんて展開になったら、やりやすそうだなあ。

とはいえ、ここのところレンジ高値圏での上値が切り下がり続けている状態なので、頭はだいぶ重そうなんですよね。まあ、イエレンさんとアメリカ雇用統計次第ということなので、妄想は置いておいて今週はこれを中心に見守っていきたいと思います。(執筆者:貝田 凡太)

スプレット幅、業界最狭水準!↓↓

口座開設+取引で5000円キャッシュバック!↓↓

トラッキングトレードで繰り返し取引しよう↓↓